ゴルフ ダイエット

ダイエットと言えば有酸素運動。有酸素運動と言えばウォーキング。というわけで、ダイエットのために毎日ウォーキングに励んでいる人もたくさんいますね。

でもウォーキングというのは退屈なものです。ただ黙々と歩くだけですから。どうせ歩くなら楽しみながら歩きたいですね。そこでゴルフが最適なわけです。ゴルフは大の大人が朝早起きをして一日中、夢中になってプレーするほど楽しいスポーツです。そして、とにかく歩きます。

ゴルフは歩く

ゴルフ場では長い距離はカートに乗って移動するわけですが、それでも歩く距離はなかなかのものです。しかも、それを苦に感じません。面白くて夢中になってますしアドレナリンも出まくってるかも知れませんね。

つまり、ゴルフはダイエットに最適と言っても過言ではないのです。

ゴルフスイング

歩くだけではありません。ゴルフはクラブをスイングしてボールを飛ばすスポーツ。このスイングの動きはとにかく全身を使います。そして腰を回します。腰を回すことによって美しいクビレを作れるであろうことも期待できるわけです。

腕は上方向へ振り上げますから、二の腕も引き締まりそうですね。そして振り下ろした腕の重さを前足で踏ん張って受け止めて、腰を回転させて振り切るわけです。足の踏ん張りも相当なエネルギーを使います。何回もスイングしていれば、適度なカロリー消費になるでしょう。

消費カロリー

ところで、ゴルフってどれくらいのカロリーを消費するのでしょうか。

条件によって微妙に変わると思いますが、一日(約5時間)プレーして、だいたい600キロカロリーほど消費すると言われています。カートを使わなければ約1200キロカロリー消費するとも言われています。

ゴルフをしなくても、大人はだいたい一日に1500キロカロリーぐらい消費するので、ゴルフをすることによって、それが2000キロカロリー以上になると考えられるわけです

↑ これを参考にして一日の摂取カロリーを調整すれば確実にダイエットは成功するはずですね。でも、ゴルフの後って何かと飲食が盛り上がります。ここで油断して暴飲暴食しないことが肝心ですね。

お腹ポッコリ対策

ある程度の年齢になると、ほとんどすべての人がお腹ポッコリをどうにかしたいと悩んでいるのではないでしょうか。それほどお腹のぜい肉は「つきやすく、とれにくい」厄介な存在です。

腹筋を鍛えれば、お腹の脂肪は落ちると考えている人も多いと思います。これはそれほど間違ってはいません。でも、腹筋が大きくなると、その上に脂肪が乗っかるため余計に膨らんで見えてしまいがちなのも事実。お腹は「鍛える」と言うより「頻繁に使う」と意識した方がポッコリは解消しやすいようですね。

そこで、やはりゴルフスイングが効果的なわけです。ゴルフスイングはまさに「鍛える」というより「使う」というイメージ。腰をグリグリ回転させるので、お腹周りの脂肪が刺激されて消費しやすくなるようです。

腰をしっかり回転させるような「正しいフォーム」でスイングすることも大事です。「腕っぷしスイング」のような間違ったフォームでは、いくら素振りを繰り返してもポッコリ解消できませんし、ゴルフも上達しないでしょう。

二の腕ぷるぷる対策

二の腕のプルプルは特に女性が気にしやすい部分ですね。この部分に脂肪がついてしまう原因は、この部分の筋肉を日常生活でほとんど使わないからでしょう。腕を強く伸ばしたり上に向かって腕を伸ばすという動作は日常ではめったにありません。

でも、ゴルフのスイングは「腕を振り上げて振り下ろして、また振り上げる」という動作です。両腕の二の腕の部分が適度に刺激されるわけですね。適度に刺激されるので、この部分の脂肪も落ちやすくなると言えそうです。

あまりやりすぎると腕が太くなるのではないか、と心配する女性もいますけど、それは考え過ぎです。筋肉で腕を太くするのは男性でもなかなか大変で苦労します。よほどがんばって鍛えないと腕は太くたくましくなりません。そもそも女性の体は男性の体とは、もともとの「つくり」が違うので女性らしさを失う心配はほとんど不要だと思います。

素振りだけでダイエット

毎日ゴルフ場でゴルフができたら、それが一番ダイエットに効果的です。でも皆、そんなにヒマじゃありません。そこで普段は素振りで練習したりすることになりますね。

では、素振りだけでもダイエットになるのでしょうか。実際の所、素振りだけでは、あまりカロリー消費量は多くありません。素振りだけでカロリーを消費するのは難しいのです。ですから素振りはあくまでもエクササイズ感覚ですね。気になる部分の脂肪を刺激して消費しやすくするという点では意味があります。

あとは一生懸命に仕事したり、ウォーキングやランニングなどをしてカロリー消費に励むと良いでしょう。

打ちっぱなしでダイエット

ゴルフの練習としては素振りだけでなく、打ちっぱなしに行くという方法もありますね。打ちっぱなしも素振りと同様にカロリー消費量はさほど多くありません。でも素振りと違ってストレス解消になるというメリットがあります。

ストレスが解消されると血流も良くなり痩せやすい体になると言われていますので、素振りより打ちっぱなしの方が、よりダイエット効果を期待できますね。

ゴルファーは痩せるのか

趣味でゴルフに熱中している人は痩せている人が多いです。これは食事よりもゴルフの方に興味が集中し、自然と摂取カロリーが減っていくからだと思います。

ですから、ダイエットのためだけにゴルフをするのはオススメできません。熱中しないと意味がないのです。ゴルフより食事の方に興味が集中してしまうというなら、ダイエット効果は期待できないと思います。

そのかわり、ゴルフの面白さに目覚めて夢中になれたら、しめたものです。食事を忘れるほど夢中になれるものがあればゴルフに限らずダイエットに成功できると思いますが、特にゴルフはスタイルよく効率的にダイエットできるのではないかな~と思います。

ただしプロのゴルファーは別格です。プロは体力勝負の世界ですから、とにかく食べて体力を補います。必然的に体格が大きくなります。プロで痩せている人もたくさんいますが、そういう人は、やはりスタミナ面で多少の問題を抱えているようです。つまり、あくまで趣味で楽しむのであれば、ゴルフはオススメなダイエット方法なのです。

 

 

お探しのゴルフ場はコチラで検索。

ページトップへ